効果の良いシアリスの効能の作用時間
お薬

最新記事

ED治療マガジン > 効果の良いシアリスの効能の作用時間

効果の良いシアリスの効能の作用時間


以前のED薬であるバイアグラとレビトラは、薬の効果が持続する時間が約5時間前後でしたが、この時間に合わせて性行為を準備することを不便に思う患者の方々もいました。薬の効果の消える時間が迫っている時に性行為をする場合のプレッシャーは、ストレスになることもあります。またバイアグラの場合は、薬を服用している間は食べ物に注意しなければならない煩わしさもあり、タイミングによっては食事を抜かなければいけない場合も発生することがありました。

正規品である日本新薬株式会社が発売したシアリスは、投薬後約36時間前後薬の効果が持続されるので、服用や性行為のタイミングは非常に自由に持つことができます。20mg錠の1回の服用で、以前のED薬で感じることがあった負担感なく自然な性行為を期待することができます。ただし10mgは24時間前後、効能が持続します。さらに効果が持続している間に食事をしても、勃起機能を改善させる効果に影響を及ぼさないという利点があります。

ちなみに勃起の状態は36時間の間持続するわけではなく射精した後は、興奮が収まるのと同時に勃起も収まります。しかし、性的刺激が再び生じた場合、薬の効果の持続時間内であれば勃起を再び起こすことができるという利点がある薬です。

最近は個人輸入販売によって、ED治療の薬であるシアリスやタダラフィルを安く購入できます。

シアリスは特に顔に関連する副作用においてメリットがあります。それは、顔の火照りや目の充血が以前のED薬であるバイアグラやレビトラよりも弱いという特徴です。これはあくまで平均的な症状で、使用者によって異なる場合があります。

シアリスの効能には精力剤の役割をする機能はありません。飲むとすぐに勃起するわけでもありません。性的な刺激によって興奮した状態、例えば、身体的な接触や聴覚への性的な刺激などの状態があるところから、勃起することを補助する薬であることを忘れてはいけません。

また、バイアグラや全ての種類のジェネリックを含むED治療薬のどこにも、媚薬の機能、催淫剤の機能、精力剤の機能をする薬ではないということを知っておく必要があります。