ED治療マガジン
お薬

最新記事

ED治療マガジン >

現在販売されているED治療用のジェネリック医薬品は価格が安い


シルデナフィルやタダラフィルやタダシップなどのジェネリックが、シアリスよりもまたバイアグラやレビトラよりも価格がとても安いことに怪訝に思う方がいると思います。また、同じ効能の薬なのに価格の差が何倍にもなることに驚かれていると思います。しかし、次の説明をお読みになるとご理解していただけるでしょう。

薬は最初に研究し、開発するために莫大な費用がかかります。多ければ数兆ウォンに達する場合もあります。国は製薬会社の研究費用、努力、時間などの投資を特許として保護します。ところが特許には期限があります。薬によって異なりますが、約20年の期間を保護します。この期間が過ぎると特許が満了し他でも薬を製造することができるのです。こうして作られた医薬品を、ジェネリック医薬品と呼びます。薬に関する特許は製法特許、成分特許など複雑なのでここでは詳しい説明を省略します。

しかし特許が満了していなくても、合法的にジェネリックを作ることができる場合もあります。その薬は主にインドで製造されています。開発費をかけて開発されたシアリスとは違いシアリスを複製しただけなので、高い価格になるはずがありません。当然、薬の価格が安いです。

価格が安いからといって品質が悪いとはかぎりません。品質はあくまでも製造設備だとか化学原料などによって変わるため、各生産ラインの規定と流通過程における品質の維持をきちんと順守した場合、品質が悪くなるはずがありません。

インド産のジェネリック薬は種類も多くタブレットやゼリータイプ、ODフィルム状の薬も生産されています。

価格だけを考え費用を抑えたいのであれば、インド製のメガリスやタダラフィル、バリフやタダシップなどがおすすめです。費用が少しかかっても品質も考えたい場合は、安全にアメリカで流通しているED治療薬のシルデナフィルやレビトラジェネリックを考えてみましょう。インド産の製品であってもアメリカから発送される医薬品は、ジェネリックを含み品質が異なるのが特徴です。

どこから発送されようとシアリスを飲む際には、硝酸塩を含む薬と併用しないでください。また、ここ数年で心筋梗塞の病歴があった場合はおすすめできません。シアリスやそのジェネリックであるメガリス、タダシップなどは、注意事項を守って服用すれば非常に信頼できる薬です。自らの健康上の問題があると思う場合は、お近くの診療所に行き相談を受ける必要があります。



便利な個人輸入は承認されたED治療方法


医師に会って診察を受けずに飲んでも良い薬はあるでしょうか?自分の症状について明確にわかっている場合は可能です。

EDの症状があって病院を行こうとしても、足が進みません。診察時に自分の性器をあまり見せたくないからです。さらにインターンの医師や看護師が一緒に参加すると、自分が試されている気がすることもあります。

医療機関によっては問診の項目にチェックするだけでEDを診断し、治療薬の処方を決定するところもあります。この方法は性器を見せる過程が省略されるので、問診診察と呼ばれています。

問診はEDに関連する心臓や血圧などのチェック事項もあるので、他の疾患をクロスチェックすることができる糸口にもなります。

一度クリニックに行ったことがあるED患者は、自分の症状を改善するシルデナフィルやタダラフィルを再度処方してもらうために医師に対面する回数が減ったそうです。シアリスに含有されている成分であるタダラフィルを、ネット通販を利用して入手することができるからです。シルデナフィルも同様の方法で購入することができますし、優れた効果を誇るバイアグラを個人輸入を利用して安く使用することができます。

厚生労働省から合法的に承認されたこの方法を使用すると処方せんの提示も必要なく、クリニックに行く手間とコストを節約することができます。

ED薬は国内で保険処理するのに限界があり、EDを患っている患者に経済的な負担となっています。さまざまな海外製の薬に多くの種類のジェネリック医薬品もあるので選択肢の幅が広く、その単価を国内価格と比較してみると大幅に安い価格の薬が多いです。先進医療国であるアメリカが販売している安全な医薬品も手に入るので、安心できるでしょう。

ただし、自分で利用せず他人に薬を譲渡すると違法になるということを知っておきましょう。